子供や若い世代の人に急増しているスマホ老眼という目の病気の症状について

スマホ老眼を予防するには1時間に1回の感覚で適度に休憩を入れてスマホをずっと見ないように注意したり、スマホを見る時は顔から30~40センチは離して至近距離で見ないこと、スマホの明るさを暗くして虹彩への負担を抑えるのも有効です。

スマホ老眼は眼の近くでスマホを使いつづけることで、老眼の症状のように対象物にピントが合わなくなることを言います。一時的に老眼のような症状になることが多いですが、その頻度が多いと重症化して戻らなくなる場合があるので注意が必要です。
目の疲労やかすみの改善や対策にはビルベリーやクロセチンがふくまれた目のサプリメントがお奨めです。

ビルベリーやルテインなどの目に良い成分によって眼精疲労やかすみが改善されるだけでなく、目の老化やスマホ老眼などの近代的な目の病気も予防することが出来ます。

ドライアイの原因は目の使いすぎ、コンタクトレンズの乾燥によるもの、連日の夜更かし、スマホなどの強すぎる光による目へのダメージなどの様々な要因によって起こる目の異常の一つです。

改善するには目を酷使しないこと、目の負担を減らすこと、瞬きの回数を意識的に増やすことが効果的だとされていますが、これらに加えて目のサプリメントを利用するのも効果的です。

ルテインはスマホやタブレットから出るブルーライトを吸収するだけでなく、歳を取ることで酷くなる老眼の侵攻を高い抗酸化作用によって和らげる効果も見込むことが出来ます。

スマホ老眼やかすみ目、ドライアイもサプリメントでクロセチンやゼアキサンチン、アスタキサンチン(カロテノイドの一種で、赤色の色素です)などの目の栄養素を摂ることで改善効果を高めることが出来ます。

ただ、目に異変を感じた時は無理をせずに休ませることも大事です。目の疲れはタオルで目を温めて血行を促進したり、目薬を指したり、目をいつも以上に休めることで改善出来ますが、アイケアサプリでビルベリーなどの栄養素を摂取することでより効果的に眼精疲労を癒やすことが出来ます。

ゼアキサンチンはルテインと同じような効果を果たします。
そもそも、ゼアキサンチンとルテインは元は同じ物質で、ルテインが体内で作り変えられたものがゼアキサンチンになります。

そのためゼアキサンチンの効果はルテインとかなり似ています。

スマホ老眼とは至近距離で画面を見つづけることで毛様体筋が疲れて起きる障害のようなものではありますが、毛様体筋を休めた状態でスマホやパソコンの画面を見れるように工夫されたスマホ老眼を予防することが出来ます。

スマホ老眼を抑止することが出来ます。

またそれに加えて目に良いサプリを愛用するとスマホ老眼の予防に期待できます。
世間的にビルベリーが眼に効くと認知されるのは、目の疲れなどに有効なアントシアニンが含有しているからです。一般的に認知されているのはブルーベリーですが、ビルベリーの方がアントシアニンが豊富なことから現代ではブルーベリーよりもビルベリーの方が人気となっています。引用:スマホ老眼の症状に効くサプリ【ぼやけ解消で視界スッキリ!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です